出生時ですでに腸内環境は決まっている!?

赤ちゃん 腸内環境

腸の中には様々な腸内細菌が住み着いていて、その菌の種類は人によって異なります。

 

実は赤ちゃんは出生時、母親の産道を通る時に産道の菌を体内に持ち込んで生まれるので、母親と同じ腸内環境を持つと言われています。

 

海外の研究では母親と赤ちゃんの腸内環境を調べたら、腸内細菌の一致が約4分の3に認められたという結果が出ています。

 

また、母乳で育った赤ちゃんは母乳を通じて母親の腸内細菌を受け継ぎますから、腸内環境が一致するとも言われています。

 

やがて赤ちゃんから子供になる頃には、親と同じ食事や生活リズムを送ることになります。
同じものを食べて育っていくので、親の食生活が乱れていて腸内環境が悪くなる食生活を送っていれば、それも子供に影響してしまいます。

 

つまり、生まれた時から腸内環境は決まっていて、育っていく過程でも親の影響を受けるので子供は親と同じ腸内環境になりやすいのです。

 

現代女性は腸内環境が乱れていて悪玉菌が多い状態の方が多いです。

 

仕事やプライベートが大忙しで食生活が乱れがちですし、ストレスの溜まる生活を送っている方が大変多いです。

 

そうなると、赤ちゃんにも悪化した腸内環境がそのまま引き継がれてしまうので、若いうちからしっかり腸内環境を整えておく必要があります。

 

プレミアムスリムビオは便秘に困ることがない腸内環境を整えてくれるので、今の自分の腸内が悪化しがち、悪玉菌でいっぱいのはず…といった方は子供を妊娠する前に腸内環境を整えておくことが理想です。

 

自分の苦労は子供にはさせたくないもの。

 

自分が努力することで子供にも負担をかけずに済むのならあらかじめ対処しておきたいのが親というものです。

 

出産で太りたくない、子供にはデブ体質で苦労させたくないといった方はプレミアムスリムビオで腸内環境を整えてあげてくださいね。