デブ菌とヤセ菌の違いとは?

デブ菌

デブ菌はその名のとおりおデブのもとになってしまう菌で、腸内細菌の中で一般的に言う悪玉菌の仲間です。

 

詳しいことはまだ解明できていませんが、デブ菌が「ファーミキューテス菌(フィルミクテス菌)」の仲間であるということはわかっています。

 

なぜファーミキューテス菌(フィルミクテス菌)がデブ菌と言われるのかというと、この菌は消化したものを体内に吸収してしまう働きを持っているからです。

 

人間は本来食べたものの約80%の水分や栄養を小腸で吸収します。そして吸収されなかったものは大腸を通って排出されますが、このデブ菌によって不要なものが排出されずに体内の溜め込まれてしまいます。

 

これが痩せない原因になっていてダイエットの天敵とされています。

 

痩せ菌

反対に痩せ菌とは「バイテロイデス菌」の仲間と言われていて、善玉菌に分類されます。

 

この菌は善玉菌が優位の時には良いのですが、悪玉菌が優位の時には食べ物を腐敗させてしまうという悪い働きをしてしまいます。

 

デブ菌と痩せ菌はどちらか一方ななくなれば良いわけではなく、デブ菌とヤセ菌が4:6のバランスになっているのが最適だと言われています。

 

なので、普段の食生活ではこのバランスが保てるようにバランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

 

そのためにオススメな食材は「納豆」です。これは生命力が強くデブ菌を減らす力があると同時に、腸内環境を善玉菌優位の状態を作り出す最強食材と言えます。

 

ただ、元のカロリーが高いので1日2パックの摂取がおすすめです。

 

普段、ファーストフードや高脂質、糖分が多い食べ物をたくさん摂取していませんか?日本人の腸にあった食べたものは和食料理なので、基本は和食料理をメインに、毎日のお料理を楽しんでみてくださいね。