善玉菌・悪玉菌・日和菌の違い

善玉菌・悪玉菌・日和菌の違い

腸内に住む菌は大きく分けて3種類存在し、その3種とは善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌がそれぞれどのくらい存在しているかは個人差があり、この菌の比率により腸内環境は決まってきます。
ここではそれぞれの違いと腸内における役割についてご紹介します。

善玉菌とは

善玉菌

善玉菌が多いと腸内環境が整っていると言われますが、その効果として悪玉菌の働きを抑え便秘や下痢などの不調を予防します。

 

腸は体で一番の免疫器官と言われていますが、善玉菌が多いと免疫力も高まり肌荒れや風邪、感染症のような症状を防ぎます。

 

ビタミンを合成する作用もあるため、美肌を保つためには善玉菌は必要不可欠です。善玉菌が多いと腸内は酸性に傾きます。

悪玉菌とは

悪玉菌

悪玉菌は腸内で腐敗を進行させて下痢や便秘の原因になります。

 

有害物質を発生させるので、悪玉菌が多いと体内に有害物質が入り込み体調不良を起こしたり、免疫力を弱めるため風邪にかかりやすくなります。

 

悪玉菌が多いと、体内の毒素が肌にも現われるようになるため肌トラブルに悩まされるようになります。

 

何か不調を感じる原因は腸内環境にあることも考えられます。悪玉菌はタンパク質をエサにして増えて、腸内をアルカリ性にしてしまいます。

 

悪玉菌は確かに少ないほうがいいのですが、悪玉菌自体は存在していることで善玉菌を刺激します。

 

また悪玉菌が病原性菌を攻撃する役割もあるため、必要な菌とも言えます。

日和見菌とは

 

日和見菌は善玉菌・悪玉菌の多いものと同じ働きをします。

 

代表的なものが大腸菌やバクテロイデスなどです。つまり腸内環境を良好に保つためには、悪玉菌を増やさないようにして善玉菌を増やすことが大切です。