ファーミキューテス菌ってどんな菌なの?

ファーミキューテス菌

プレミアムスリムビオが着目しているファーミキューテス菌とはどんな菌でしょうか?

 

腸内細菌を整える『菌活』を行う上でファーミキューテス菌の存在を知ることは非常に大切です。

 

ファーミキューテス菌は「デブ菌」とも言われ、メディアにも取り上げられてからその名を知る人が多くなってきました。

 

ダイエッターならファーミキューテス菌の存在、働きを知れば普段の食生活にも気をつけるようになり、自分の意思でもより痩せ体質に近づけていけます。

 

ここではファーミキューテス菌の特徴や、ダイエットを効率化させる方法をご紹介します。

人の腸内に存在する痩せ菌とデブ菌の存在

人の腸内細菌は、約90%がバクテロイデス(痩せ菌)かファーミキューテス(デブ菌)に属しています。

 

バクテロイデス(痩せ菌)とファーミキューテス(デブ菌)の比率は個人差があり、理想の比率は4:6くらいです。

 

しかし、この割合が逆転するとファーミキューテス(デブ菌)が多くなり肥満になりやすくなります。

 

実際に肥満体の人と痩せている人の腸内細菌の比率を調べたところ、バクテロイデスとファーミキューテスの比率には大きな差が見られました。

 

今、腸内菌の研究から痩せている人はバクテロイデスが多く、肥満の人はファーミキューテス菌が多いことが明確になっています。

ファーミキューテス菌の働き

腸内のファーミキューテス菌が多いと血中の「短鎖脂肪酸」が少なくなります。

 

短鎖脂肪酸とは?

短鎖脂肪酸は血中から脂肪細胞に吸収される脂肪量を抑制する働きがあります。

 

つまり、ファーミキューテス菌が多いとエネルギーの回収能力が高くなって不必要なものまで吸収する結果、肥満につながりやすいと推測されます。

 

ダイエットのために食事制限、運動を一生懸命やってもなかなか痩せない…と頭を悩まされている方はもしかしたら腸内のファーミキューテス菌の割合が多い可能性も考えられます。

ファーミキューテス菌を減らすには?

ファーミキューテス菌が多いとそれだけで損をしている状態。

 

可能であれば痩せ菌を多くして、ファーミキューテス菌を減らしたいですよね。

 

実はファーミキューテス菌を減らす方法があるんです。ファーミキューテス菌を減らすために良い食材がヨーグルトや納豆、野菜です。

 

これらは腸内環境の善玉菌を多くさせる食材としても有名ですよね。

 

特におすすめなのが納豆です。納豆菌は生きたまま腸内に届き、驚異的な繁殖能力で腸内を整える働きがあります。

 

ファーミキューテス菌を減らそうと思ったら、肉やファーストフードなどの悪玉菌が好む食べ物ではなく、善玉菌が増える食材を食べましょうということです。

ファーミキューテス菌を簡単に減らす方法

ファーミキューテス菌を減らすには善玉菌が増える食材を増える食べ物を食べれば良いことがわかりましたが、中には納豆が嫌いな人、毎日野菜を食べる機会はないという人もいますよね。

 

そんな方達におすすめなのがファーミキューテス菌を減らせるサプリメントです。

 

プレミアムスリムビオは腸内のデブ菌の数を減らして痩せ菌を増やしたい人にピッタリのサプリメント。

 

お手軽にまずは腸内の体質改善をして、ダイエットを効率よく成功させたい人に向いています。